現代では高齢化社会のため、有料老人ホームが増加中です。

近年、この有料老人ホームがとても増加してきています。その理由としてやはり一番あげられる理由は、高齢化社会になってきたから、ということでしょう。今の日本は、ほとんどの方が知っているように、団塊の世代といわれる方々が定年を迎え、少子高齢化社会となっています。それに伴い、ひとりで生活することが困難になるお年寄りの方の数も急増しています。有料老人ホームとは、お金持ちの老人の方が入る施設、というイメージをもっている方も多いと思いますが、2000年に介護保険制度と呼ばれるものが制定されるようになりました。この介護保険制度とは、入居する際に、介護保険が給付金を出してくれる制度のことです。これにより、お金持ちの老人だけでなく、一般の方でも比較的気軽に入居することができるような時代になっていました。そんな有料老人ホームですが、いろいろなタイプがあるのをご存知でしょうか。


まずは、介護付有料老人ホームです。これはその名の通り、介護の方が付いている老人ホームのことです。この介護の方が付いていることにより、親族の方もより安心して、入居させることができるかと思います。続いて紹介するのが、健康型有料老人ホームです。この老人ホームは、まだ介護などは必要ないが、ひとりで生活していくことが不安であったり、健康面のことで今後が不安な方のための老人ホームです。最後に紹介するのが、住宅型有料老人ホームです。これは介護付きの老人ホームと違い、住宅型老人ホームに勤めている方は、介護資格を持っていないので、介護をすることができないということです。他にもいくつかありますが、主に知られているのは、この3つになります。それぞれのタイプの老人ホームによって、入居金が違ったり、入居基準が違ったりさまざまです。もっと詳しく知りたい方は、ご自分で住んでいる地域の近くで探すことをお勧めします。昔に比べて、今はとても有料老人ホームというものが身近になってきました。しかし、その背景には、介護師不足、または介護師の年齢層が上がってきていることが懸念されます。大体の老人ホームで、介護師の方は40代から50代の女性の方がとても多いようです。


とはいっても、老人ホームに入居させることができれば、親族の方の負担も減り、メリットの面がとても増えてきます。入居を間が居られている方は、無料で資料請求などをすることができるので、一度パンフレットなどを見て、どのタイプのものがいいか、どこなら安いかなどを把握するのがよいと思います。