有料老人ホームの種類と選び方

少子化が進み、高齢者が人口に占める割合が増えてきました。年を重ねる事で得るものは多いのですが、失うものも沢山あります。その最たるものが体力です。買物や料理、掃除など日常の動作が億劫になるという人が増えてきます。また、一人暮しや、老夫婦だけでの生活では、不測の事態が起こったとき心もとないと思う人。まだまだ元気だが日常をもっと快適に過したいと思う人。そんな生活の中で、老後を生きる選択の一つとして、有料老人ホームの入居を選ぶ人も増加の傾向があります。2000年に介護保険制度がスタートし、介護保険から給付が行われるようになったため、入所しやすくなったというのも増加の一因です。有料老人ホームには三つの種類があります。介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームです。介護付は、介護スタッフが24時間常駐しています。

入居して介護が必要になっても、老人ホームが提供する、特定施設入居者生活介護を利用しながら、施設で生活を続けていくことが出来ます。要介護に認定されていなければ入れないホームと、介護認定されていなくても入れるところがあります。住宅型と介護付の大きな違いは、住宅型に入居して介護が必要になった場合、基本的に自分が依頼した外部の介護サービスを利用する事になるてんです。要介護に認定されていないことが入居条件の所が多いのですが、最近要介護でも入居可のところが増えています。健康型は、まだ介護は必要ないが、一人暮しに不安を感じたり、生活を楽しみたい人が選ぶ老人ホームです。介護が必要になったら、退去しなければなりません。そのときどうするか、考えておく必要があります。それぞれ特徴がある有料老人ホームですが、介護保険法の施行により、民間業者が多く参入してきたため、サービス、料金などが多様化しています。自分のニーズに合う施設を選ぶことが大切です。比較するためにパンフレットを集めてみましょう。インターネット上には、有料老人ホームの比較サイトもあるので、情報を集めるのに便利です。どのような業者が経営しているのか、経営状態をチェックすることも大切です。

いくつかしぼりこんだら、見学、体験入所をしてみましょう。体験入所は必ずして、ほかの入所者と仲良く出来そうか、働いている人の様子、食事の味付けなど、細かなところを見てゆきます。長く暮らす事を考え、自分が心地よく生活できるところを、じっくり探すことが大切です。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*